循環器内科

循環器内科

循環器内科では、
心筋梗塞 狭心症 弁膜症 心不全 不整脈 閉塞性動脈硬化症 ペースメーカ管理など
循環器疾患を対し専門的な観点から診断・治療を行っています。

循環器疾患は、喫煙、食事、運動、飲酒、肥満などの生活習慣との関連が深いので、薬物による治療だけでなく、生活習慣改善の指導も行っております。

高齢化社会において健やかな老後をおくるためにも、 毎日の生活習慣の管理や定期的な外来診察で治療及び予防を行いましょう。

循環器疾患の主な症状は、次のようなものがあります。

  • 胸が締めつけられるように感じることがある。
  • 坂道や階段を登ったり 重いものを持ったりすると、胸から肩にかけて重苦しい感じがしたり息が切れたりし、しばらく休むと治まっていく。
    (心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患のときに似た症状がみられます)
  • 坂道や階段などですぐに息が切れたり、動悸がしたりする。
  • 特に何かしているわけではないのに脈が乱れたり動悸がしたりする。
    (不整脈のときに似た症状が見られます)
  • 風邪をこじらせたり疲れたりすると足や顔面がむくんで息が苦しくなってくる。
    (心不全や不整脈、心臓弁膜症の時に似た症状がみられます)
  • しばらく歩くと片側(時に両側)の下枝が痛くなって歩けなくなり、休むとまた歩行可能となる。
    (閉塞性動脈硬化症のときに似た症状がみられます)
  • 特に自覚症状はないが検診などで 心電図異常や心雑音を指摘された。
    (無症状の心筋梗塞やその前兆 弁膜症や高血圧などで心臓に過剰な負荷がかかっている場合があります)

レントゲン検査 心電図検査 超音波検査 血液検査 24時間長時間記録型心電図などを行い、内服治療を行います。
状況によりさらなる精査のため専門機関に紹介させていただく場合があります。
当院では採血量が少なくても検査ができるため、痛くなく、患者様の負担を軽減します。

血液疾患

血管は動脈、静脈があり、動脈は栄養を運ぶため、静脈は老廃物を運ぶためそれぞれ機能しています。
血管に疾患があると血液が流れにくくなるなどの理由で臓器に栄養を送れなくなり、様々な合併症を起こす可能性も高くなります。

血管の疾患による合併症としては、脳だと脳出血、脳梗塞など心臓は心筋梗塞や狭心症などがあります。

しかし、これら以外にも「血管自体」の病気が少なくありません。
血管の病気を大きく分けると、「瘤(りゅう)」つまりこぶができる場合と「閉塞(へいそく)症」つまり詰まる場合のふたつがあります。
また血管も動脈と静脈があるため、それぞれ症状が違います。

動脈硬化

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失い、血液がスムーズに流れなくなる状態をいいます。
動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。

こんな症状ありませんか?

  • 高血圧である
  • 糖尿病である
  • 痛風である
  • 腎に疾患がある

以上の症状は動脈硬化を促してしまう症状の一部です。
その多くが生活習慣病です。

動脈が通常通り弾力性や柔軟性に富んでいれば心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。
しかし、コレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。
このような状態を動脈硬化といいます。

動脈硬化は脳梗塞、狭心症、腎臓病など脳、心臓、腎臓といった内臓に深刻な障害を起こし、手遅れになると命に関わります。
動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。

合併症

動脈瘤

動脈瘤は、動脈の壁が薄くなるために、そこが血圧により膨らんでしまうもので、症状としては特にありません。
大きな瘤の場合は、圧迫間や、心臓の鼓動に合わせて動くこぶを自覚することもあります。

しかし、このこぶが破裂してしまうと、血圧が低下して突然ショック状態になり、そのまま死に至る場合もあります。
その他、破裂した箇所によって、血を吐いたり、血の便がでることもまれにあります。
完全に破裂していない場合でもひどい痛みを伴います。

動脈瘤を発症する原因としては動脈硬化がほとんどです。
まれに外傷や、生まれつき血管の壁に異常があることもあります。