一般内科

一般内科

一般内科で対象となる症状は、以下のとおりとなります。

  • 咳 熱 鼻水 喉が痛い 頭が痛いなど風邪症状
  • お腹が痛い 下痢 便秘など腹部症状
  • 体や手足の冷え むくみ 背中や胸が痛い 疲れやすい 口渇がある
  • 残尿感がある 頻尿など

何かの疾患の兆候として現れている症状なのかどうか心配に思われることがありましたら、お気軽に内科へご相談ください。

おがたファミリークリニックでは守山区にて、様々な病気の予防や検査も行っています。

生活習慣病や動脈硬化関連疾患の診断治療

高血圧 糖尿病(インスリン治療も含む)脂質異常症など生活習慣病や動脈硬化関連疾患の診断治療

高血圧

高血圧とは血圧が高い状態が続いてしまう病気です。と言っても、あまりひどい場合でなければ、目立った症状は出てきません。

多くの場合はっきりとした原因はわからず、本人が気づかぬうちに心臓や血管にダメージを与えていって合併症を引き起こしてしまいます。
その性質のため「サイレントキラー」と呼ばれています。

こんな症状ありませんか?

  • 頭痛がする
  • めまいがする
  • 耳鳴りがする
  • 動悸がある
  • 血圧が高い
  • 肩こりがする など
 

はっきりとした自覚症状がない高血圧症ですが、以上の症状がある場合、高血圧を疑います。
ご自分が高血圧かどうかを把握するためには自分の血圧を常日頃把握しておくことが大事になってきます。

高血圧の基準値は日本の『高血圧治療ガイドライン』に示されおり、140/90mmHg以上だと高血圧です。

もしご自分が高血圧かと思われる場合は他の合併症も疑われるため、一度ご相談下さい。

併発する症例

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 動脈硬化
  • 心臓病 など

生活習慣病

生活習慣病は、糖尿病・脳卒中・心臓病・高血圧など、毎日の良くない生活習慣の積み重ねが発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称です。
生活習慣病は、遺伝的な要因もありますが、生活習慣を見直すことで予防・改善につながります。

例えば、食生活ではファーストフードや食品添加物の多い食物を避けてできるだけ手作りで栄養の偏りがないように3食しっかり食べることであったり、喫煙・飲酒を控えたり、適度な運動をすることなどです。

現状、日本人の3分の2近くが生活習慣病で亡くなっています。
その原因が生活習慣であるために早めに生活週間の見直し・改善していくことが必要になってきます。

当院では生活習慣病の予防・管理などを行っています。
気になる方は一度ご相談下さい。

レントゲン検査 心電図検査 超音波検査 血液検査などを行い、
内服治療を行います。
当院では採血量が少なくても検査ができるため、痛くなく、患者様の負担を軽減します。
状況によりさらなる精査のため専門機関に紹介させていただく場合があります。

呼吸器疾患

肺炎 気管支炎 気管支喘息 肺気腫(在宅酸素療法も含む)など呼吸器疾患
症状としては咳 痰 発熱 息切れ ヒュウヒュウといった喘鳴などです。

レントゲン検査 血液検査 酸素飽和度などを測定し、内服治療や吸入治療 点滴治療 在宅酸素療法などを行います。
当院では採血量が少なくても検査ができるため、痛くなく、患者様の負担を軽減します。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。

この病気の検査治療(CPAP療法含む)症状としてはイビキがうるさい、熟睡した感じがしない、日中眠気がひどい、起床時の頭痛などが挙げられます。
SASは生活習慣病とも密接に関係していると言われており、またSAS特有の眠気は交通事故の危険性もあるため、放置しておくと生命の危機に関わる場合もございます。

問診表・チェックリストのダウンロードはこちら

>問診表

>チェックリスト

当院ではご自宅で睡眠時の呼吸の状態を調べられる簡易検査を行っております。
簡易検査の結果しだいでは、入院のうえ、もう少し詳しく調べる検査(ポリソムノグラフィー)が必要となる場合があります。
治療は外科的手術やマウスピースやCPAPがありますが、なかでも夜間鼻マスクを装着し陽圧して気道の閉塞を予防するCPAP療法が有効とされています。
当院ではCPAP療法の導入管理を行っております。

アレルギー性疾患

花粉症などアレルギーでお困りの方へ

当院では花粉症外来を行っております。
鼻水やくしゃみや目のかゆみといった症状に対して、内服薬はもちろんのこと、点眼薬・点鼻薬の処方も行っております。
また、漢方薬による治療も行っております。

花粉症は春先に多い「スギ」「ヒノキ」によるアレルギー性鼻炎結膜炎が有名ですが、それ以外の季節にも原因物質(アレルゲン)によって発症しているかたも少なくありません。
風邪が長引いていると思われているかたのなかには実は花粉症だったというかたもみえます。
また、アレルギー素因をもっているかたは「アトピー性皮膚炎」「気管支喘息」をもっていることもあり、気になる方は精査をおすすめいたします。

当院では採血でのアレルギー検査も行っております。
アレルギー検査では、「食物系」「植物系」「動物系」「ハウスダスト」などの項目を検査することができます。
また、アレルギーの原因として気になるものについて、その抗体があるかないかを1つ1つ調べますので、症状の出る季節や場面などをお知らせください。
1週間後くらいにもう一度ご受診いただいて検査結果をご説明します。

【季節によるアレルギー物質】
季節によるアレルギー物質の飛散度合いについては左記画像をご覧ください。

アレルギー性鼻炎(花粉症)の患者さんは、その原因となる植物によって「発症する時期」「症状」「経過」が違います。
お薬の種類も多くあり、眠くなるが比較的即効性が期待できるものから、1日1回の服用で眠気はほとんど感じないものまでいろいろです。

また個人差もあり、同じ薬でも効果がよく出る方とそれほどでもない方がいます。あなたの体質やライフスタイルにあったお薬を探すことが大切となります。 症状やその程度にあわせて、あなたにとってベストのお薬の組み合わせを検討します。
もし、以前に服用されたことのあるお薬がお分かりなら、お知らせください。そして、効果を感じたか、眠気はどうだったかなどを確認しながら、お薬を相談して決めていきます。

また、「花粉症」と既に診断されている方は、花粉が飛び散る時期より少し前からお薬を服用することで、症状が抑えられます。花粉が飛び始める前までに花粉をブロックできるように、早めの受診をおすすめします。

問診表のダウンロードはこちら

花粉症外来

甲状腺・内分泌疾患

甲状腺機能異常症など内分泌疾患

甲状腺は首の付け根(のど仏の下)にある、正常で15g程度の小さな臓器です。
ここで分泌される甲状腺ホルモンは、体の新陳代謝を亢進させる働きがあります。
このホルモンが過剰に分泌されると、いらいらや汗をかいたり、動悸や体重減少、月経不順などの症状が出現します。
代表的な疾患としてバセドウ病やプランマー病が挙げられます。
またホルモンの分泌が少なくても、むくみ、便秘や寒がりの他、疲労感や抑うつなど様々な症状が出現します。

このような症状が気になる方はお気軽にご相談ください。

消化器疾患

肝機能障害 胆石症 胃十二指腸潰瘍のフォローアップなど消化器疾患